医療保険の効かないマッサージ店

子どもが風邪をこじらせて入院をしてしまい、付き添いベッドで数日間寝ていた私は肩や背中がバキバキに。この凝りと張りはサロンパスくらいで解消できない!と、日曜日、主人が付き添いを交代してくれる間を利用してマッサージに行くことに。ふだんなら、マッサージを受ける場合、自宅近くの整骨院に行くのですが、病院から近くで行ける整骨院がわからず、医療保険適用外のいわゆる”マッサージ屋さん”に入店。和テイストで女性スタッフが多く、室内も清潔感とオシャレ感があり。いつも通っている整骨院にはオシャレ感0、客層も高齢者が主体でスタッフもおじさんばかりとはえらい違いだなと思いました。入店後、どのサービスを選ぶかとメニューを見せられると、しっかりしてほしい私には少なくとも40分コースが必要。価格は3000円半ばとそこそこです。さて、どんな施術をしてもらえるのかと期待していましたが・・・。
最初は足湯が登場。これ家庭用でも購入できる足湯器ですよね?と言いたくなるようなコンパクトマシーンに目が点です。スタッフさんは、足から温めることで云云と説明してその場を離れ、およそ10分。再び登場すると丁寧にタオルで足を拭き拭き。本格的に横になって施術を受けるまでに10分以上もかかってしまい、それもコースの時間内のようでビックリ。その次にはマッサージオイルの説明などをはさみ、実際の施術時間は20分ほどでしょうか?マッサージもオイルマッサージだからか、整骨院のほぐし技術と比べてみると頼りなく、もっとゴリゴリほぐして欲しかった自分は消化不良でした。
最後にハーブティーとか出されても。保険外でそこそこの料金をとるんならしっかりマッサージ技術をあげてくれよ!と思いました。

ホームに戻る