マッサージって気持ちのいいものですよ

亡くなった父親と旅行に行って旅館に泊まると、父親は必ず就寝前にマッサージさんを呼んで施術してもらっていました。
私は今よりは大分若かったので、あそこが痛い、ここがだるいといった事は無かったので、いっしょにして貰った事は無かっ
たのですが、ある時どんなものなのかなとの思いでして貰った事があります。
 いつものように夕食を終えて一休みしていると、父が「マッサージを頼もうか」と言ったので、私が「今回は自分も頼んでみ
るわ」と言ってフロントに電話で申し込みました。混んでいるので1時間半ぐらいかかるとの返事でした。「一風呂浴びて帰っ
たら丁度いい」と言って父は露天風呂に行きました。私はテレビの地方番組を見ていました。
 父が風呂から帰って少ししたらマッサージさんが2名来られました。二人とも年配の男性の方で、お一人は目のご不自由
な方でした。それぞれふとんにうつ伏せになるように言われたのでその通りにすると、背中にバスタオルを掛けて施術が始
まりました。最初は全体をゆっくりとなで下ろしから始まり、次は手のひらで背中から腰にかけて押していきます。それを何
回か繰り返して今度は、手の指を使っての指圧をやはり背中から腰にかけてしていきます。そして腰に来た時に思わずピ
リッとした気持ちの良さに「ううーん」と声を出してしまいました。「だんなさん、腰悪いね、何百人と触らせてもらっていると
分かりますね。」と言いました。日頃腰の痛い事が時々あるので、さすがプロと思ったものです。
 マッサージはその後首モミ、腕モミ、足モミと進み、最後は頭をパンパンと叩いて終了しました。その間約40分、私は気
持ち良さに眠りそうになっていました。終わって料金をお支払いする為起き上がると体が軽くなっているのが分かります。
私はマッサージの良さがこの時分かり、父と旅行の時は必ずマッサージを頼むようになりました。
 3年前父が亡くなってから旅行の機会が無くなって、ここしばらくマッサージをしたことが無いので、そろそろ温泉に行っ
てゆっくりマッサージをして貰おうかと思っている今日この頃です。

ホームに戻る